サニクリーン みんなが知らない玄関マットの物語 物語を読んで豪華プレゼントをゲットしよう

何のために、誰のために生きてゆくのか。

めざせ!ハワイ旅行!マットを応援して豪華プレゼントをゲットしよう

  • すぐに物語を読む
  • 先に豪華賞品をチェック

みんなが知らないマットの物語 第一章 自宅編

みんなが知らないマットの物語 第一章 自宅編

やあ、ぼくは、玄関マットのキャッチ。

元気で、かわいいおんなの子の“みっちゃん”、そしてパパとママ、みんなが、ずっと元気で、笑顔でいられるように、ぼくは、くつ底の汚れをとってるんだ。だって、おそとの汚れやホコリが、お家にはいったら、病気になっちゃうかもしれないからね。

ぼくは毎日、大好きなみんなと、いっしょにいられて幸せさ。

でも、ある日のこと、モップのシャルティちゃんが、お家にやってきて…。

ママったら「フローリングや、すき間のホコリも、カンタンにとれるわ!そうじ機みたいに、うるさくないし、軽いし、階段のおそうじもラクラクね!」なんて大よろこび。

いくら軽くて、おまけに、ホコリを舞いあげずに、ホコリをとって、しかも、とったホコリをはなさない “ハウスダスト対策”に、おすすめのモップとはいえ、ちょっと、よろこびすぎだよ!
だって、このお家には、ぼくがいるじゃないか!

そしたら、みっちゃんも「これなら玄関のマットはいらないかもね、ママ」だって!?

みんなが知らないマットの物語 第一章 自宅編

みんなが知らないマットの物語 第一章 自宅編

そんな…大好きな、みっちゃんまで…。

シャルティちゃんは、「無料おためしサービス」で、ちょっとの間、お家にいるだけだよ!
ほんとうの、家族じゃないんだよ!
それなのに、みんなひどいよ!
ぼくは、みんなの家族じゃなかったの?

玄関マットのキャッチ

かなしくて、くやしくて、ぼくは、お家をとび出したんだ。
さようなら、みっちゃん。さようなら、みんな。

第二章 大阪編へ

みんなが知らないマットの物語 第二章 大阪編

お家をとびだしたぼくが、たどりついたのは、大阪というところ。

こんなに、にぎやかなところが、あるんだなぁ〜と、キョロキョロしていると、「おい、そこのにいちゃん!こんなとこで、なにしとんねん!」どこからか、ぼくを呼ぶ声がしたんだ。

ふりむいても誰もいない。
「そっちやない!こっちや、にいちゃん!」
なにやら目のまえの、串かつ屋さんから聞こえてくる。

みんなが知らないマットの物語 第二章 大阪編

みんなが知らないマットの物語 第二章 大阪編

思いきってはいると、そこにいたのは、ハチマキをしめたおじさん。

おじさんは、「おまえ、家のマットやろ?こんなところで、なにさぼってんねん!マットは、ふまれてなんぼや。にいちゃんみたいに、ほっつき歩いてたら、あかんがな!」だって。

ぼくは、おじさんに、「マットなんて、あっても、なくても、おなじでしょ」って、いったんだ。

そしたら、おじさんは、「なんやて!?この東京もんが、アホなこというな!わしはな、ここらでは、ちっとは名の知れた、吸水・吸油マットのエヌっちゅうもんや!おらっ、この床、見てみんかい!」

「えっ!すごいピカピカ!串かつ屋さんなのに、油で汚れてない!」

「あたり前や!わしは毎日、厨房のみなさんの、くつ底にについた水や油を、ちゅ〜っと、吸うとんのや。床をピカピカにするだけやないで〜。お客さんも、水や油でツルっと、すべらへんねやがな。おまえも、はよ帰って、しっかり、ふまれなあかんで〜」

マットに、こんな大切な役わりがあるなんて…ぼく、知らなかった。

みんなが知らないマットの物語 第二章 大阪編

玄関マットのキャッチ

そして、お店を出ていくぼくに、おじさんが、こういったんだ。
「もし、わしに、用のある人がおったら、つたえてくれや。
わしを、厨房の出入り口にしくと、よう働くとな…フッ」

第三章 鳥取編へ

みんなが知らないマットの物語 第三章 鳥取編

みんなが知らないマットの物語 第三章 鳥取編

そしてつぎに、ぼくがたどりついたのは、鳥取というところだった。

そこは、どこまでも、砂がつづく不思議な世界。
もしかしたら、これが、うわさにきく砂漠なのかなぁ?
サソリは、いるのかなぁ?
ガラガラヘビは、いるのかなぁ?

そうしているうちに、むこうの方に、大きなビルが見えてきた。
すると、「お〜い、きみ、そんなところで、なにをしてるんだね?よかったら、こっちへこないかい」と、ぼくを呼ぶ声がしたんだ。
どうやら、ぼくを呼ぶ声は、あの大きなビルから聞こえてくるらしい。

大きなビルの入口にいってみると、メガネをかけた、インテリっぽいおじさんがいたんだ。

「やあ、こんにちは。わたしの名まえは、ティアラ。わたしは、どうやったら、人の出入りが多いビルや、おみせのなかに、汚れやホコリをいれないようにできるのか、これだけを、ずっと研究しているんだ。この砂は、わたしの研究には、もってこいなのだよ」

そして、ぼくは、おじさんから、ビルの中を見てみるように、いわれたんだ。

みんなが知らないマットの物語 第三章 鳥取編

みんなが知らないマットの物語 第三章 鳥取編

「え〜っ、す、す、すごい!砂漠なのに、床にぜんぜん砂がない!」

そして、おじさんは、ビックリしているぼくに、こういったんだ。
「ビックリしたかい?ついに、わたしは、くつ底の汚れやホコリをとって、おまけに、マットにとじこめるという、テクノロジーを開発したんだ!」

お家とビル。ちょっと、ちがうけど、おじさんも、みんなのために、がんばってるんだ…。

玄関マットのキャッチ

なんでも、おじさんは、たくさんの人に、研究を発表したいらしく、
「無料おためしサービス」をしているのだとか。

第四章 ハワイ編へ

みんなが知らないマットの物語 第四章 ハワイ編

つぎに、やってきたのは、ハワイというところ。
あったかくて、きもちいいなぁ〜。

すると、レストランのまえにしかれた、かわいいおんなの子マットから、
「アローハ♪ ユーは、ジャパンの、ハウスの、マットでしょ?ウエルカム、トゥ、 ハワイ!」と、えいごで、はなしかけられたんだ。

よーし。ぼくも、いんぐりっしゅに、ちゃれんじだ!

みんなが知らないマットの物語 第四章 ハワイ編

みんなが知らないマットの物語 第四章 ハワイ編

「はう、あー、ゆー。まどもわぜる」

すると、かの女は、ぼくに、こういったんだ。
「ミーは、ウエルカムマットの、チェスよ。ユー、ナンダカ、ダークなフェイスね。もし、ユーがOKなら、レストランで、エンジョイしていかない? バイ・ザ・ウェイ、“まどもわぜる”は、フレンチよ」

ぼくは、チェスちゃんにさそわれて、レストランに、はいってみたんだ。すると…、

レストランは満席。しかも笑顔が、いっぱい。

「皆、このレストランの料理が大好きなの。だから私は、入り口で、靴底の汚れを取って、毎日、綺麗を維持するの。綺麗は、もっと料理を美味しくするもの。いつでも綺麗にして、お客様をお迎えしたいという私の信念、それが胸のロゴ、Welcomeなのよ」

…んっ?これって、にほん語?綺麗、維持、信念って、かなり、すごいにほん語つかってる。もしかしたら、にっけい人って、いう人?

みんなが知らないマットの物語 第四章 ハワイ編

玄関マットのキャッチ

大阪、鳥取、そしてハワイ。
であいのぶんだけ、マットは、なんのために、
そんざいしているのか、わかってきたきがする。
そしてぼくは、むしょうに、お家にかえりたくなったんだ。

第五章 エピローグへ

みんなが知らないマットの物語 第五章 エピローグ

みんなが知らないマットの物語 第五章 エピローグ

ひさしぶりに、お家にかえってきたぼく。
おやっ?お家のなかから、なき声がする。
まさか、みっちゃん!?

「え〜ん、ママ。キャッチは、どこにいったの?もう、かえってこないの?もしかしたら、わたしが、“もう玄関マットは、いらない”って、いったから、でていちゃったの?あれは、うそなの。じょう談なの。ほんとは、キャッチが、大好きよ。だって、わたしの家族よ。あんなこと、いわなきゃよかった」

ぼく、みっちゃんを、なかせてしまった…。

「キャッチくん、ひさしぶりね。ママだって、お家のなかのホコリが、ふえたみたいって、こまってたのよ。みんな、キャッチくんをまってたんだから。もちろん、わたしだって」

えっ?シャルティちゃんまで?どうして?

するとシャルティちゃんは、「キャッチくんは、お家に汚れがはいらないように、わたしは、はいってしまった、ホコリをとるために。わたしたちは、“ふたりでひとつ”なのよ」って、笑顔でいってくれたんだ。

みんなが知らないマットの物語 第五章 エピローグ

みんなが知らないマットの物語 第五章 エピローグ

ありがとう、シャルティちゃん。

そして、ありがとう、エヌのおっちゃん、ティアラのおじさん、チェスちゃん、もう、ぼくは、まよわないよ。

ぼくは、玄関マットのキャッチ。
玄関で、汚れやホコリを、強力ブロック!
みんなの元気が、みんなの笑顔が、ぼくの幸せ!

「みっちゃん、ただいま」

ちなみに、このあと、シャルティちゃんも、ほんとうの家族になりました。

おしまい 最後まで読んでくれてありがとう!

「みんなが知らないマットの物語」はいかがでしたか? 人知れず頑張っているマット達をTwitterとFacebookで応援しよう。応援ボタンを押すだけの簡単2ステップで応援完了!お礼にマット達から豪華プレゼントが抽選で当たります。

<大切なお知らせ>※必ずお読みください

この度は、ご応募頂きまして、誠にありがとうございます。

本来、プレゼントのご応募に当たっては、当選された皆様へ“確実”に、当選結果をダイレクトメール(またはメッセージ)でお知らせするため、応募時には、弊社Twitter(またはフェイスブックページ)「ぼくサニエル」へのフォロー(または“いいね”)をお願いすべきところでしたが、その旨が「応募条件」に含まれず、現在(2017年2月27日現在)まで開催されております。

そこで、2017年3月2日(木)以降のご応募から、あらためて応募条件に、Twitter(またはフェイスブックページ)「ぼくサニエル」のフォローをお願いさせて頂たくことになりました。何卒、ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

※なお、2017年2月17日(金)〜3月1日(水)までに、ご応募頂いた方が当選され、当選通知のダイレクトメールが送れない場合には、「ぼくサニエル」内で、当選者様のアカウント(@ ○○○○)向けにツイートをし、フォローのお願いをさせて頂きます。
(フェイスブックユーザー様へも、同様のお願いをさせて頂きます。)

抽選で当たる豪華プレゼント!

その1 毎週10名様に3,000円分のクオカード 2017年2月17日〜4月27日までの約10週間で合計100名様にプレゼント。

その2 めざせ!ハワイ旅行!最大40万円分の旅行券 最高40万円分の旅行券を1名様にプレゼント。応援数によって旅行券の金額が上がっていきます。

物語の舞台になったハワイへ行こう!

現在の応募数

  • 3万円分 投稿数〜200
  • 5万円分 投稿数201〜400
  • 8万円分 投稿数401〜600
  • 10万円分 投稿数601〜800
  • 15万円分 投稿数801〜1000
  • 20万円分 投稿数1001〜1500
  • 30万円分 投稿数1501〜2000
  • 40万円分 投稿数2001〜

※平日毎日1回更新されます。

応募方法はこちら!

簡単2ステップ♪

Twitterでの応募方法

Facebookでの応募方法

下の応援ボタンを押す

ハッシュタグ「#マットを応援」を付けて、投稿ボタンを押す。

応援完了!抽選に当選された方にはメッセンジャーでご連絡致します。

登場キャラクター

  • -お家の玄関マット- キャッチくん
  • -吸水・吸油マット- エヌさん
  • -お店や会社の玄関マット- ティアラさん
  • -Welcomeマット- Missチェス
  • -お家のモップ- シャルティさん

利用規約

株式会社サニクリーンがTwitterおよびFacebookを活用して開催する「みんなが知らないマットの物語/プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます)に、ご応募の際は、以下の規約をよくお読み頂いた上でご応募頂きますよう、よろしくお願い致します。
※ハッシュタグ“#マットの物語”など、必要な応募条件を満たし、TwitterおよびFacebookを利用して応募(投稿)された場合、本キャンペーンの規約に同意し、ご応募いただいたものと見なします。万一、応募後、当規約にご同意いただけない場合は、速やかに投稿を中止してください。

  • ご注意事項
    株式会社サニクリーンがTwitterおよびFacebookを活用して開催する「みんなが知らないマットの物語/プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます)に、ご応募の際は、以下の規約をよくお読み頂いた上でご応募頂きますよう、よろしくお願い致します。
    ※ハッシュタグ“#マットの物語”など、必要な応募条件を満たし、TwitterおよびFacebookを利用して応募(投稿)された場合、本キャンペーンの規約に同意し、ご応募いただいたものと見なします。万一、応募後、当規約にご同意いただけない場合は、速やかに投稿を中止してください。
  • 禁止事項
    本キャンペーンへの応募に際し、以下の行為を禁止します。
    株式会社サニクリーンは、応募者が以下に該当する行為を行ったと判断した場合は、キャンペーンへの投稿データの非掲載・掲載後削除等の対応をとる場合があります。また応募者に対しも同様に、非掲載・削除等の要請を行い、応募者がこれに応じない場合は法的措置を講じる場合があります。
    ・応募規約に違反する行為
    ・本キャンペーンの運営を妨げる行為
    ・他人に迷惑、不利益、損害または不快感を与える行為
    ・他人を誹謗中傷し、またはその名誉若しくは信用を毀損する行為
    ・他人の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
    ・他人の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為
    ・わいせつ、児童ポルノ及び児童の性的搾取を助長するデータを投稿する行為
    ・営利を目的とした情報提供、広告宣伝もしくは勧誘行為
    ・公序良俗に反する行為
    ・Twitterの利用規約・法令に違反する行為
    ・Facebookの利用規約・法令に違反する行為
    ・株式会社サニクリーンが本キャンペーンの趣旨に沿わないと判断する行為
    ・株式会社サニクリーンが悪質または不適切であると判断する行為
    その他、前各号に類する行為
  • 免責・その他
    本キャンペーンは、細心の注意を払って運営をしていますが、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証もするものではありません。
    また、利用者または第三者が被った以下の事例を含む損害については、弊社は責任を負いかねます。
    ・本キャンペーンへの応募に際して、ソフトウェア・ハードウェア上の事故、火災、停電、通信環境の悪化、地震、事変等の非常事態が発生した場合。
    ・本キャンペーンにおけるシステムの保守を定期的あるいは緊急に行う場合。
    ・利用者間または利用者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
    ・第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
    ・弊社が推奨する環境以外から本キャンペーンに応募したために情報を完全に取得できない場合。
    ・故意または重過失なくして本キャンペーンが提供する情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
    ・株式会社サニクリーンは、本キャンペーンの応募により応募者に生じた一切のトラブル・損害(直接・間接を問いません)等について、如何なる責任も負いません。
    ・株式会社サニクリーンは、本キャンペーンについて(全部または一部)、応募者に事前に通知することなく変更または中止することがあります。なお、必要と判断した場合には、応募者への予告無く本規約を変更できるほか、本キャンペーンの適正な運用を確保するために必要な措置をとることができます。
    ・本キャンペーンの応募にかかるインターネット接続料および通信費は応募者のご負担となります。
  • 個人情報の取り扱いについて
    ・ご記入、または送信頂いた個人情報は株式会社サニクリーンが当選者への賞品の発送、本件に関する諸連絡に利用するほか、商品やサービスの参考とするために個人を特定しない統計情報の形で利用させていただきます。
    ・お客様の個人情報は株式会社サニクリーンが管理します。
    ・お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません。(法令等により開示を求められた場合を除く)なお、いただいた個人情報は株式会社サニクリーンの個人情報保護方針に基づき安全かつ適切に管理致します。
    ・詳しくはサニクリーンホームページにて、『個人情報の取り扱いについて』をご確認ください。
    <サニクリーン個人情報保護について>
    http://www.sanikleen.co.jp/privacy/
  • 合意管轄
    株式会社サニクリーン及び応募者は、本規約に関して訴訟を提起する場合、株式会社サニクリーンの本店所在地がある地方裁判所を一審の専属管轄裁判所とし、日本国法を準拠法とすることを合意する。
  • キャンペーンに関するお問合せ窓口
    キャンペーンに関するお問い合わせは以下窓口でお問い合わせください。
    電話番号:03-3453-2233(土日・祝日を除く平日9時から17時)
    お問い合わせ期間:2017年5月31日まで