実践できてる!?掃除機がけのポイントをおさらい!|おそうじマイスターがご家庭をきれいに!|サニクリーン

実践できてる!?掃除機がけのポイントをおさらい!

TOPページ > プロが指南!お掃除コラム > 実践できてる!?掃除機がけのポイントをおさらい!

2018/01/19

column_detail_img48

効率的な掃除機がけをしたい!

今やご家庭での掃除に不可欠な存在となった掃除機。簡単にホコリやゴミを吸い取ってくれるため、とても便利な道具です。しかしいくら便利な道具といえども、正しい使い方をしなければ、その力を十分に発揮できない場合もあります。そこで今回の「プロがアドバイス!今やっておきたいハウスクリーニング指南」では、意外と実践できていない人も多い、掃除機がけのポイントをご紹介します。

掃除機がけのポイント

効率的にお部屋をキレイにするため、以下の4つのポイントを守って掃除機がけを行いましょう。

1.使用前の準備

床にたくさんものが置いてあるとジャマですし、片付けながら掃除機をかけると大変非効率です。掃除機をかける前に簡単な片付けを済ませておきましょう。また、普段から雑誌類やバッグなどを床に置かない、家電製品のコード類はまとめておくなどしておくことで、掃除機がけを効率的に進めることができるでしょう。

2.掃除機がけは「奥から手前」が鉄則

掃除機がけの鉄則は、部屋の「奥から手前に向かってかける」こと。入り口からかけていくと、部屋を出て行くときに掃除した場所を歩くことになったり、掃除機のキャスターが通ることになったりして結局もう一度汚れを広げてしまうことになりかねません。効率的に掃除をするには、奥のほうにヘッドを向け、後退するように手前へ向かってかけることを心がけましょう。

3.力をかけずにゆっくりと

掃除機がけの際についやりがちなのが、床にぐいぐいと押し付けるようにかけること。床に押し付けても効果がないどころか、逆に吸引力が弱まってしまうこともありますので軽くすべらせる感覚でかけましょう。効率的にホコリを吸い取るには、1㎡あたり20秒ほどかけてゆっくり動かすのが基本です。こうすることで、よく吸い取れるうえ、疲れも軽減できます。

4.床材によってかけ方を変える

住居にはフローリングや畳など、さまざまな床材が使用されていますが、それぞれ適した掃除機のかけ方があります。

【フローリング】
フローリングは目に沿って掃除機をかけることで目の中に入り込んでしまったホコリなどを取り除きやすくなります。また、フローリングでは、床に落ちたホコリが舞いやすいため、人がよく歩く場所よりも部屋の端(壁際)や角、家具の周り、隙間などにホコリが集まりやすくなっています。こうした部分はノズルを変えるなどして重点的に掃除機をかけましょう。

【カーペット・じゅうたん】
カーペットやじゅうたんはホコリを捕集する性能があるため、フローリングほどホコリが舞い上がらず、生活する範囲のほうがホコリが溜まりやすくなっています。歩いたりその場に座ったりすることでカーペットの毛がつぶれ、その下にホコリや汚れが潜り込んでいますので、寝てしまった毛を起こすように、毛並みの逆から掃除機をかけると効率よくキレイにすることができます。より入念に掃除をしたい場合は、最初にかけた方向と垂直の方向(十字方向)へもう一度かけるとよいでしょう。

【畳】
畳の目地の間や畳と畳の間、部屋の端や角にホコリや汚れが溜まりやすくなっています。ブラシ系のノズルをうまく活用して細かなゴミを吸い取りましょう。また、畳の素材を傷つけないよう、目地に沿ってやさしく掃除機をかけるようにしましょう。

【ワンポイントレッスン 換気を忘れずに!】
掃除機をかけると、排気によってホコリが舞い上がり、室内のホコリの濃度が急激に増すことが分かっています。最近は高機能フィルターによって排気自体がクリーンな機器も増えていますが、舞い上がるホコリまで防ぐのは困難です。掃除機をかけるときは換気も忘れずに行いましょう。

掃除機がけでダニを退治!?

掃除機がけはホコリを除去するだけでなく、カーペットなどに棲みついたダニの退治にも効果があります。とはいえ、生きているダニはカーペットなどの毛にしがみつくため、すべてを取り除くのは困難。重要なのは、その餌となる皮脂や食べ物のカス、動物のフケなどを取り除くことです。週2回程度の掃除機がけでダニの栄養となるものを極力なくすことで、繁殖などを妨げることができます。

掃除機を活用してキレイな住空間を

同じ掃除機でも、正しい使い方をするとしないでは、効率や仕上がりに大きな差が出ます。キレイで快適なお部屋を維持するため、ぜひ今回ご紹介したヒントを参考に掃除機をかけてみてはいかがでしょうか?

ページトップ

Copyright © Sanikleen Corporation All Rights Reserved.