SERVICE & INFO.
home

2015.03.13

軽自動車税が2015年4月より上がります!

eyecatch

「庶民の味方」の軽自動車。維持費も安くて普段の足にもってこいのクルマですが、2015年4月より税金が上がってしまいます。今回は税金のお話を中心に、最近の軽自動車の傾向について解説していきます。

年間 7200 円から 10800 円へ。軽自動車税はなぜ上がる?

2015 年 4 月より、新車で購入する場合の軽自動車税が、従来の 7,200 円の 1.5 倍である 10,800 円に上がります。それまでに購入した軽自動車の自動車税は 7,200 円のままですが、 2015 年 4 月以降に購入すると、2016 年の自動車税から 10,800 円を毎年払い続けることに。

「庶民の足である軽自動車を増税するなんて!」と、この税制改革には反対意見も多かっ たようです。しかし、軽自動車と普通車の「性能」がほとんど変わらなくなってきたため 「普通車並みのクルマを所有するなら、それなりの金額の税金を払いなさい!」と、増税 は決まってしまったようです。

これが軽自動車の値段?「普通車よりも高い軽」が続々登場!

「軽」=「遅い」「危ない」「安っぽい」という「負の三拍子」が揃っていたのが軽自動車 でした。しかしここ数年で軽自動車は車体サイズの規格が大きくなり、室内もゆったり広 いクルマが登場しています。インテリアにも高級感があり、レーダーブレーキ(障害物を 自動で感知してブレーキをかける)機能などの安全性能も充実してきました。それゆえ、 新車で買うと軽なのに 150 万円から 180 万円のお値段に。これは 1000 cc~1500 ccクラス で同じような装備の新車と同価格です。このように「軽と普通車の差がなくなってきてい る」から、税金も上がるのです。

燃費の良さ、小回りが効いて運転しやすいなど、軽自動車のメリットは多々ありますが、 今後は「税金の安さ」はあまりクローズアップされなくなりそうです。「どうしても軽自動車のサイズでなければ困る!」という事情がある人でなければ、普通車でもコスパが良い 車種がたくさんあります。クルマを買うときには、税金の安さだけでなく、トータルの出 費を考えて比較するのがおススメですよ。

SERVICE & INFO.
Copyright © 2015 Sanikleen Corporation all right reserved.

お電話

オートリースのお問い合わせ・資料請求
smp-menu