家事のネタ帳

停電しても、水と塩だけで「スマホが10回」充電できる充電器

停電しても、水と塩だけで「スマホが10回」充電できる充電器

災害大国ニッポン

倒壊した家

温暖化の影響もあるのでしょうか。世界規模で自然災害が起きています。

そこで、2018年を振り返って国内に目を向けてみると、福井の豪雪被害、大阪で起きた震度6の地震、西日本を襲った「平成30年7月豪雨」、9月の台風21号など、自然災害の発生に暇がない一年になりました。

また、9月に発生した北海道の大地震「平成30年北海道胆振東部地震」では、大規模な土砂崩れとともに、北海道全域が停電になるという、いままでに経験したことがないような被害が発生しました。

そこで、年末には大掃除だけではなく、災害時の備蓄品などの「家族を守る備え」もしっかりチェックするよにしましょう。

災害時に大切な、連絡と情報

スマホをPCで充電

今回、家族を守る備えのひとつとしてスグレモノの「スマホ充電器」をご紹介します。

いまの時代、災害時に必要な「連絡」と「情報収集」にスマホは欠かせません。

しかし、停電時にはコンセントからの充電ができなくなることから、スマホでの連絡や、情報収集に大変な不便を強いられてしまいます。

マグネ充電器チラシ

そこで今回、私がご紹介するのは、最先端の技術や製品を紹介する国際展示会「CEATEC(シーテック)2018」で紹介された、水と塩だけで電気を作る「スマホ充電器」です。

これなら、モバイルバッテリーといわれる「コンセントなどからチャージする充電器」のように、常に電気を充電しておく必要もなく、さらには「電池でチャージする充電器」のように、普段から電池を用意しておく手間もありません。

 

充電器

災害に備え、モバイルバッテリーは常にフル充電しておく必要がある

 

ちなみに、電池には「使用期限」があるので、「いざいうときに使えない」ということにならないように管理が必要です。

使い方はカンタン!

使い方の図

容器に塩と水、それに「マグネシウム棒」を入れてフタをするだけ。

これだけで、化学反応が起きて電気が発生します。

塩も付属されているので、あとは水を用意するだけ。水も飲むためのものではないので、災害時でも手に入りやすいと思います。

「スマホ充電器」驚きのスペック

スペック表 

USB端子があり、3,000mAhのスマホで約10回のフル充電が可能です。また、LEDランタンも搭載されています。

 

とけたマグネシウム棒

化学反応で溶けたマグネシウム棒。3本でスマホ約10回分の充電が可能

 

そして、うれしいことに保存期間は10年以上なので、購入後の管理や手入れはいりません。管理を必要とする電池とは違うところですね。

 

シーテックでの展示の様子

CEATEC(シーテック)2018で出展されていました

 

2018年10月現在、発売はもう少し先で価格は9,000円ぐらいとのこと。

一家に一台あると心強いアイテムですね。

 

<取材協力>
株式会社STAYERホールディングス
https://stayer.co.jp/

\ この記事を友だちにシェアする /

停電しても、水と塩だけで「スマホが10回」充電できる充電器

停電しても、水と塩だけで「スマホが10回」充電できる充電器

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい