家事のネタ帳

「浴室よりも窓のパッキンのカビが気になる人」は9割超

「浴室よりも窓のパッキンのカビが気になる人」は9割超

カビは浴室ばかりに生えるわけじゃない

風呂掃除

カビ取り剤のCMでは、決まって浴室のお掃除シーンが出てきますよね。

このようなシーンを毎回みていると、何だか「やっかいなカビのほとんどは浴室に生えるもの」みたいな錯覚に陥ってしまうのは私だけでしょうか?

う~ん、どうにも気になる…。

そこで、浴室よりもカビが生えてやっかいな場所は他にないものかと、アンケート調査をしてみることにしました。

9割以上が「浴室よりもカビがやっかいな場所がある」と回答

浴室以上にカビが気になる場所はありますか

20~60歳代の女性751名を対象に、「浴室よりもカビがやっかいな場所はありますか?」という質問をしたところ、9割を超える700名以上が“ある”と回答しました。

錯覚に陥っていた私の目を覚ますには十分すぎる数字です。

そこで、アンケートで得られた浴室よりも厄介な場所を、ランキング形式で具体的にご紹介します(複数回答)。

第1位「部屋の窓のゴムパッキン」

窓のゴムパッキン

回答数382(30.3%)

カビは、ジメジメした梅雨に生えるイメージがありますが、最近は冬場でも注意が必要です。

冬場は、屋外と室内の寒暖差に加え、乾燥対策に加湿器を利用することで、窓が結露しやすくなります。

結露を放っておくと、ゴムパッキンにカビが生えてしまうので、部屋を喚起して結露をできにくくしたり、結露取り用のスクレーパーやタオルで結露を拭き取りましょう。

第2位「カーテン」

カーテン

回答数149(11.8%)

部屋の中の「巨大な布」であるカーテンは、たくさんの湿気やホコリを溜め込みます。

また、冬場には窓の結露に触れて濡れることもあり、カビが繁殖すために必要な湿気(水気)とエサ(ホコリ)を豊富に溜め込んでいる場所といえます。

特に、レースのカーテンには点々としたカビが生えやすいので、こまめに洗濯をしたり、冬場には窓の結露がつかないように気をつけましょう。

第3位「部屋の壁(壁紙)」

壁のカビ

回答数124(9.8%)

通気性が悪く、湿気がある場所の壁は要注意です。

第4位「ふとん・ベッド」

ふとん

回答数96(7.6%)

ふとんやマットレスをフローリングに直接敷くと、通気性が悪くなってカビが生えることがあります。

我が家では、通気性をよくするため、ふとんの下に“すのこ”を敷いています。

第5位「トイレ」

トイレ

回答数84(6.7%)

便器・壁・床・タンクの中と、カビが大好きな湿気やホコリ(エサ)が豊富にあるのがトイレです。

換気とマメなお掃除が、カビ対策には大切です。

第6位「下駄箱」

下駄箱

回答数79(6.3%)

ここも、カビが大好きな湿気が溜まりがちな場所ですよね。

ちなみに、脱いだばかりの靴の中は汗で湿っているので、脱いですぐに下駄箱に入れるとイヤな臭いの原因になるので、乾燥を心がけましょう。

第7位「押入れ・クローゼット」

クローゼットをあける女性

回答数72(5.7%)

押入れやクローゼットを普段から閉め切っていると、風の流ればなくなって湿気が溜まり、カビが生えやすくなってしまいます。

我が家では、風を押入れに取り込むため、来客がないときには、頻繁に扉を開けっ放しにしています。

梅雨時期に限らず、加湿器を使う冬場にも心がけたいですね。

第8位「エアコン」

若い女性の家の中のエアコンをチェック

回答数65(5.2%)

冷房運転時にできたエアコン内部の結露やホコリが原因でカビが生えます。

使用後は、「送風運転」でエアコン内部の結露を乾かしたり、エアコン内部に入るホコリを最小限に抑えるために、フィルターをマメにお掃除しましょう。

第9位「部屋の天井」

浴室のカビ

回答数43(3.4%)

特に、洗面所の天井にできるカビにお悩みの方が多いようです。

入浴後、洗面所はしっかり換気をしましょう。

第10位「畳」

和室

回答数31(2.5%)

畳(い草)は湿気をよく吸うので、その分カビが生えやすくなります。

 

カビが生える場所の共通点は「よほど注意しないと見逃してしまう場所」

こうして、ランキングで「やっかいな場所」をチェックしてみると、その共通点は「よほど注意しないと、カビの存在に気づかないような場所」であることがわかります。

これは、比較的目に入りやすいところに生える浴室のカビとは違うところだと思います。

見えやすい分、浴室の方が「やっかいではない」のかもしれませんね。

キッチン関連の回答は全体の5%

キッチンで洗い物

10位までにランキングはされませんでしたが、キッチンまわりのカビに頭を悩ませている方も多いようです(全体の5%)。

カビは健康被害に直結するので、正しい知識と対策を身につけておく必要がありそうですね。

 

<調査内容>
【調査期間】
2017年12月25日~2018年1月8日
【調査方法】
モニプラ「サニクリーンファンサイト会員」に対するインターネット調査
【サンプル人数】
751人(20~60歳代の女性が対象)

 

※2018年10月30日本文改訂

\ この記事を友だちにシェアする /

「浴室よりも窓のパッキンのカビが気になる人」は9割超

「浴室よりも窓のパッキンのカビが気になる人」は9割超

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい