一問一答

どうして「げた箱」は臭くなるの?

どうして「げた箱」は臭くなるの?

靴の中で繁殖した雑菌が臭いの原因のひとつです

げた箱のイヤな臭いは、靴の中で繁殖した「雑菌」から放たれる悪臭がおもな原因です。

悪臭を放つ雑菌は、温度と湿度が高く、汗や垢が豊富な場所で繁殖するので、靴はうってつけの場所になります。特に、脱いだ直後の靴は、繁殖に必要な条件が揃いやすいので、たたき(靴を置く玄関の床のこと)に置いて、靴を乾燥させてからげた箱に入れるようにしましょう。

また、あまり履いていない靴がカビていないかをチェックしたり、そもそもまったく履かない靴は捨てるなど、靴の整理をすることも悪臭対策には有効です。

インフォメーションプラス

重曹でげた箱の消臭

重曹を靴箱に置く

お料理やお掃除だけではなく、「重曹」には消臭効果もあります。

重曹は、臭いと湿気を吸い取る効果があるので、靴の雑菌の繁殖を抑える効果が期待できます。

ジャムなどの小ビンに、重曹を7分目まで入れたら、重曹がこぼれないように、通気性のよい薄い布やガーゼでフタをして輪ゴムでとめます。

ビンに入った重曹

このような小ビンを2つ作り、げた箱の一番下の奥、左右2ヵ所に置くと効果的に消臭できます。

重曹は、2~3カ月を目安に交換しますが、それより前に湿気を吸って固くなっている場合も交換の目安とします。

\ この記事を友だちにシェアする /

どうして「げた箱」は臭くなるの?

どうして「げた箱」は臭くなるの?

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい