一問一答

重曹とクエン酸で、落ちる汚れは違うの?

重曹とクエン酸で、落ちる汚れは違うの?

おもに、重曹は油や皮脂などのヌルヌルした汚れ、クエン酸は水道水の水垢やトイレの尿石などのガチガチした汚れを落とします。

「アルカリ性」の重曹は、調理時に出る油や、皮脂などの「酸性」の汚れを緩めて落とします。

逆に、「酸性」のクエン酸は、水道水のミネラル分が固まった白い水垢や、尿に含まれる成分が固まってトレイのふちに付着する「尿石(にょうせき)」など、硬い汚れを緩めて落とします(尿石はアンモニア臭がする原因のひとつです)。

また、尿汚れの拭き取りにもむいているので、トイレの床を拭き取るときにクエン酸を使用します。

\ この記事を友だちにシェアする /

重曹とクエン酸で、落ちる汚れは違うの?

重曹とクエン酸で、落ちる汚れは違うの?

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい