家事レシピ

<ノロウイルス>嘔吐物で汚れた衣類などの洗濯方法

<ノロウイルス>嘔吐物で汚れた衣類などの洗濯方法

嘔吐物が付着したものは捨てることが基本です。しかし、どうしても捨てられない衣類などを洗濯する場合は、二次感染を防ぐために「次亜塩素酸ナトリウム」で消毒処理をします。

準備するもの

  • 成分に「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれるハイターやブリーチ、ミルトンなど
  • バケツ(または、桶)
  • マスク
  • 使い捨てビニール手袋
  • 使い捨てエプロン
  • キッチンペーパー
  • レジ袋 複数枚
  • 大きめのゴミ袋

手順

1

消毒用に、ハイターやブリーチ、ミルトンを水で希釈した「次亜塩素酸ナトリウム液」をバケツ(または、桶)に作ります(分量などの作り方は、下記の「ポイント1」を参照)。

バケツにハイターを入れる

2

当然、嘔吐物にはウイルスが含まれています。二次感染を防ぐため、衣類についた嘔吐物を処理する人は、顔や衣類どへのはね返りを防止する「使い捨てビニール手袋」「使い捨てエプロン」「マスク」を着用します。

使い捨てビニール袋をしている女性

肘まで覆うものが望ましい

使い捨てエプロンをしている女性

食事・介護向けのエプロンは100円ショップで販売されています

3

嘔吐物が飛び散らないように、衣類についた嘔吐物をキッチンペーパーで拭き取ります。拭き取ったキッチンペーパーは、その場でレジ袋に捨てます。また、拭き取った後は、その部分を手洗いします。

衣類をキッチンペーパーで拭く女性

嘔吐物をレジ袋に入れながら、周りに飛び散らないように拭き取ります

 

衣類を手洗いする女性

洗面台を使う場合は、飛び散った場合に備えて、あらかじめ歯ブラシやコップなどの小物をすべてどかしておきます

4

レジ袋がキッチンペーパーでいっぱいになったら、汚れた手袋も一緒にレジ袋に入れ、再び新しい手袋を着用します。その後、レジ袋の中に「次亜塩素酸ナトリウム液」をスプレーし、乾いた嘔吐物が飛散して起こる二次感染を防止します。最後に、しっかりレジ袋の口を結んで閉じます。

レジ袋にスプレーする

必ずスプレーしましょう

 

レジ袋を大きなゴミ袋に入れる

口を閉じたレジ袋は、大きなゴミ袋に入れていきます

5

「次亜塩素酸ナトリウム液」の入ったバケツに30分ほど浸け込みます。

水が入ったバケツに衣類を入れる

6

時間がきたら衣類を取り出して、普段通り洗濯機で洗濯します。

7

先ほどのレジ袋同様、マスク、使い捨て手袋・エプロン、ぞうきんなどはすべて大きめのゴミ袋に捨てます。さらに、「次亜塩素酸ナトリウム液」をゴミ袋の中にスプレーして口をしっかり結んで閉じます。このように、2重で袋に入れることで、二次感染のリスクを減らします。

ポイント

1

ハイター希釈表

「次亜塩素酸ナトリウム液」の作り方は、「原液濃度」によって、水で薄める「希釈倍率」が異なります。

計量の際には、ペットボトルのキャップを使うと便利です(キャップ1杯で、およそ5ml)。また、「次亜塩素酸ナトリウム液」は、その日のうちに使い切りましょう。

似たものに「次亜塩素酸水」がありますが、これは異なるものなのでご注意ください。

ちなみに、※キッチン泡ハイターは薄めずにすのままスプレーします。

※参考資料
花王HP(2019年5月31日時点)
https://www.kao.com/jp/soudan/topics/topics_083.html

2

二次感染の防止を最優先するこのような消毒法では、繊維の色落ちリスクがあることを覚えておきましょう。

3

スプレーボトルにハイターを入れる

衣類の手洗いをした洗面台は、使い終わった後、全体をキレイに洗い流します。

あらかじめ、バケツに作ったときと同じ要領で、スプレーボトルに「次亜塩素酸ナトリウム液」を作っておき、洗い終わった後の洗面台にスプレーしましょう。

ただし、残った水気で消毒液が薄まると、消毒が効かない恐れがあるので、消毒前には、洗面台の水気をキッチンペーパーでなどで拭き取ってからスプレーします。

 

※2019年5月31日本文改訂

\ この記事を友だちにシェアする /

<ノロウイルス>嘔吐物で汚れた衣類などの洗濯方法

<ノロウイルス>嘔吐物で汚れた衣類などの洗濯方法

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい