家事のネタ帳

「重曹を靴に入れて消臭する」を試してみた

「重曹を靴に入れて消臭する」を試してみた

だしパックに重曹を入れる方法

だしパックに重曹を入れる

よく雑誌やネットで、重曹を入れた「だしパック」を靴の中に入れて消臭する方法が紹介されています。

以前から、重曹には「消臭・除湿効果」があることは知っていたので、早速、ダイソーで粉の重曹とだしパックを買って試してみることにしました。

だしパック

重曹100グラムをだしパックに入れ靴にセット。

すると、靴底に白い粉が見える。よく見ると、重曹がだしパックの穴からこぼれ落ちていました。

そこで、重曹がもれないようにだしパックを2重にして、こぼれ落ちないかチェックしてみました。

だしパックを2重にする

結果、だしパックを2重にしても、床に軽く置く程度で写真のように、重曹がこぼれ落ちることが分かりました。

床に落ちた重曹

2重にしただしパックでも重曹は落ちる

重曹で靴の消臭はいいアイデアだと思います。しかし、今回のケースでは、重曹で靴が汚れてしまうことや、道具を揃えるのが面倒なことなど、いまひとつ実用的ではないなというのが正直な感想です。

新聞紙でもそこそこ臭いが取れるらしい

靴に新聞紙が詰まっている

私の友人は、スニーカーやブーツ、革靴であっても、靴箱にしまうときには靴に新聞紙を詰めています。

これが、そこそこ効果があるらしく、早速、私も試してみました。やはり、靴の臭いがそこそこ取れた感じがしました。

靴の臭いのもとは、汗や皮脂などが原因で増殖した雑菌なので、靴の中を蒸れたままにしておくと、雑菌がさらに繁殖してしまいます。

そこで、靴の中を乾燥させるために新聞紙を入れると、雑菌の繁殖(悪臭)を抑え、結果的に「消臭効果」を発揮します。

昔からある方法ですが、手軽にできる上に消臭効果も期待されるので、皆さんもぜひお試しくいださい。

\ この記事を友だちにシェアする /

「重曹を靴に入れて消臭する」を試してみた

「重曹を靴に入れて消臭する」を試してみた

この記事を書いたモニター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい