• ホーム
  • 一問一答
  • 洗濯物に花粉が付きにくくなる「外干し」の仕方をおしえて

一問一答

洗濯物に花粉が付きにくくなる「外干し」の仕方をおしえて

洗濯物に花粉が付きにくくなる「外干し」の仕方をおしえて

干す時間帯を工夫する、雨の次の日は干さない、柔軟剤を使うがおもなコツです

基本的に、花粉が多く舞う季節には、外干しよりもお部屋や浴室などの「室内干し」をおすすめしますが、どうしても外干しをしたい場合は、時間や天候を選んで干すと、洗濯物に付く花粉の量を減らすことができます。

一般的に、花粉は午前中に少なく、午後になると舞う量が多くなります。そこで、午後を避けた午前中だけの外干しを心がけましょう。午前中で乾かない洗濯物は、午後には室内干しに切り替えます。

また、雨が降った翌日が晴れた場合は、前日の雨で濡れて地面に落ちた花粉が乾燥して舞い上がります。さらには、そこに当日に舞う花粉も加わって、普段以上に大量の花粉が舞うので、このような日は衣類の外干しを避けましょう。

インフォメーションプラス

柔軟剤を使った洗濯がおすすめ

柔軟剤とタオル

洗濯物が起こす静電気は、空気中の花粉を引き寄せてしまいます。

そこで「柔軟剤」を使って洗濯をしましょう。柔軟剤を使うと静電気が起こりにくくなるので、洗濯物に付く花粉の量を減らすことができます。

洗濯物を振っても花粉は落ちない

洗濯ものをふる女性

洗濯物を取り込む際に、「勢いよく洗濯物を振って花粉を落とす」という人がいます。

そこで、住宅・家事まわりを専門とするアドバイザーの藤原千秋さんに、洗濯物を振る効果についてお話を伺ってみました。

藤原さんいわく、「洗濯物を振っても、繊維に絡まった花粉を振り落とすことはほとんどできません。それよりも、干す時間を工夫した方が、花粉対策には効果があります」とのことでした。

外干しファンの皆さん、ぜひご参考ください。

\ この記事を友だちにシェアする /

洗濯物に花粉が付きにくくなる「外干し」の仕方をおしえて

洗濯物に花粉が付きにくくなる「外干し」の仕方をおしえて

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい