家事レシピ

洗剤は使わない。洗面ボウルのお掃除の仕方

洗剤は使わない。洗面ボウルのお掃除の仕方

洗面ボウルは、マイクロファイバークロスで簡単な拭き掃除さえしておけば、かなり長い間キレイな状態をキープすることができるので、洗剤を使った面倒なお掃除が必要なくなります。ただし、長期間お掃除を怠ると、洗面ボウル表面やコーナー部、水道の付け根部分に、拭いただけでは落ちないほどの水垢汚れが溜まることがあります。このようなガンコな汚れは「メラミンスポンジ」で落としましょう。

準備するもの

  • マイクロファイバークロス
  • メラミンスポンジ
マイクロファイバークロス

普通のぞうきんよりもマイクロファイバークロスの方が汚れ落ちがよい

 

メラミンスポンジ

手で持つ部分があるメラミンスポンジが使いやすい

手順

1

乾いたマイクロファイバークロスで洗面ボウルについたホコリを拭き取ります。

2

マイクロファイバークロスを水で濡らしてからよくしぼり、洗面ボウルを拭き上げます。

洗面ボウルをマイクロファイバークロスで拭き上げる

3

拭き上げても汚れが落ちない場合は、メラミンスポンジでこすり汚れを落とします。

洗面ボウルをサニクリーンの「圧縮メラミンスポンジ」で磨く

4

最後に、洗面ボウルの汚れを水で流してから、マイクロファイバークロスで残った水分を拭き取ります。

インフォメーションプラス

キッチンや洗面台にはマイクロファイバークロスを常備

マイクロ(㎛)とは「1㎜の1000分の1」。ファイバーは「繊維」という意味。

マイクロファイバークロスとは、ものすごい細い繊維で作られたクロスのことをいいます。

普通のぞうきんの繊維の断面は丸くなっていますが、マイクロファイバークロスの断面は、三角形などの「角」がある断面になっているので、洗剤を使わなくても汚れを「角」で掻き落とします。

また、繊維が細いので、繊維と繊維の間には無数の空間があり、そこに水分や汚れを吸い取って溜め込むのも特徴です。

マイクロファイバークロスは、例えば「手あか」や「水滴あと」などの「洗剤を使うほどでもないような気がする…」といった汚れを拭き取るのに最適です。

 

マイクロファイバークロスで鏡を拭く

手垢や水滴で汚れる鏡のお掃除に

 

マイクロファイバークロスでスイッチを拭く

手垢で黒く汚れたスイッチのお掃除に

 

また、繊維と繊維の間にある空間がしっかり水分(汚れ)を溜め込むので、油や調味料、汁などで汚れたレンジ内の拭き取り掃除にもおすすめです。

 

マイクロファイバークロスでレンジを拭く

油などで汚れるレンジのお掃除に

 

マイクロファイバークロスでキッチン周りを拭く

水や油で汚れるキッチン周りの拭き取りに

 

このように、マイクロファイバークロスは、「汚れに気づいたときにサッと拭き取る」といったお掃除におすすめのアイテムなので、キッチンや洗面所に常備しておきましょう。

 

マイクロファイバークロスでテーブルを拭く

テーブルも水や油で汚れがち

 

メラミンスポンジは、手で持つ部分があるものがおすすめ

メラミンスポンジは、「メラミン樹脂」という樹脂を発泡させたもので、このときにできた無数の小さな「あな」が、汚れをけずり落としていきます。

使うときには、水を含ませてからギュッとしぼって使いますが、使っているうちに縮んで持ちにくくなり、お掃除がしづらくなります。

 

使用前の普通のメラミンスポンジ

使用前のシャキッとした状態

 

使用後の普通のメラミンスポンジ

2,3分使っただけで縮んできた

 

そこで、ウレタンなどの縮みづらい素材でできた「手で持つ部分」があるメラミンスポンジをおすすめします。

 

圧縮メラミンスポンジの断面

下の黄色が手で持つ部分(ウレタン素材)

 

これなら、縮んで持ちづらくなるといったストレスがなく、最後までしっかり使い切ることもできます。

また、カッターやはさみを使わず、手でカンタンに小分けにできるスポンジも、手間がかからないのでおすすです。

 

圧縮メラミンスポンジを手で切る

ミシン目が入っているので手でカンタンに切れる

 

メラミンスポンジを選ぶポイント

・手で持つ部分(ウレタンなど)がある

・道具を使わず、手で小さくできる

 

水道の付け根にもメラミンスポンジ

水道の付け根をメラミンスポンジでこする

 水道の付け根部分は、水垢やホコリで汚れがちです。はじめにマイクロファイバークロスでお掃除をして、汚れが落ちないようならメラミンスポンジで落としてみましょう。

使わなくなったクレジットカードなどのプラスチック製カードや、マイナスドライバーで汚れをけずり落とす人がいますが、水道や陶器に深いキズをつけてしまう危険があるので、あまりおすすめしません。

 

メラミンスポンジを使わない「マイクロファイバークロスだけのお掃除」がベスト

硬さはまったく違いますが、メラミンスポンジも、先ほどのクレジットカードやマイナスドライバーと同様、汚れをけずって落とす(研磨する)ものなので、メラミンスポンジ(の硬度)よりも、柔らかい材質のものに使うとキズをつけてしまうことがあります。

例えば、プラスチック素材は柔らかいので注意が必要です。

また、一見すると、「石」でできているように見る、コンロやシンク周りの「キッチンカウンター」も、実はゴムからできた「人工大理石」が、よく使われています。

硬い石のように見えても、実は柔らかいゴムなので、ここにも注意が必要です。

 

キッチン収納

ゴムでできた「人工大理石」が多い

 

これらにくらべると、陶器でできている洗面ボウルは硬く、キズがつきづらい材質ですが、「けずらない」に越したことはありません。

そのためには、日頃から汚れを溜めないことが大切です。

キッチンや洗面所など、マイクロファイバークロスを手の届きやすいところに常備して、気がついたらで構わないので、その都度、拭き掃除をすることがポイントになります。

洗剤も使わない、スポンジも使わない、「拭くだけ掃除」を目指しましょう!

\ この記事を友だちにシェアする /

洗剤は使わない。洗面ボウルのお掃除の仕方

洗剤は使わない。洗面ボウルのお掃除の仕方

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい