• ホーム
  • 一問一答
  • お掃除機能付きエアコンは自分でお掃除しなくてもいいの?

一問一答

お掃除機能付きエアコンは自分でお掃除しなくてもいいの?

お掃除機能付きエアコンは自分でお掃除しなくてもいいの?

「自分自身で、もしくはプロに頼んでお掃除しなければならない」と思っておいた方がいいでしょう。

お掃除機能付きエアコンは、大きく2つのタイプに分かれます。ひとつ目が、プレフィルターに溜まったホコリを自動で取って「ダストボックス」に溜めるタイプのエアコン。ふたつ目が、熱交換器のホコリやカビ、臭いをドーレンから洗い流すタイプのエアコンです。

どちらも「お掃除をまったくしなくてOK」といったイメージを持つ人が多いようですが、どちらも「お掃除が少しラクになる」といった感じの機能で、原則、自分でお掃除をしたり、プロにエアコンクリーングを頼む必要があると思っていた方がいいと思います。

特に、カビを落とす際には、エアコン洗浄スプレーを使って自分でお掃除をするのではなく、プロのエアコンクリーニングに頼んだ方が無難です。

カビ掃除のポイントは、「できりだけ、しっかりカビを取り切る」ことで、カビが残っていると、すぐにカビが生えてしまったり、かえって多くのカビを生やしてしまう恐れがあるからです。

カビを取り切るのは素人には難しく、また内部の機械類の取り扱いに失敗してしまうと、故障の原因にもなります。このあたりの事情は、次の「インフォメーションプラス」で紹介します。

インフォメーションプラス

「フィルターのホコリを取る」お掃除機能付きエアコンでお掃除が必要なわけ

疑問を持つ女性

お掃除機能付きエアコンで、「フィルターのホコリを取るタイプ」は、ダストボックスに溜まったホコリを自分自身で取らなければなりません。

ダストボックスからホコリがあふれてしまうと、ホコリを取るプレフィルターにホコリが溜まって、お部屋の空気の吸い込み口をホコリでふさいでしまいます。

 

エアコンの吸い込み口(ビフォー)

ワンシーズンお掃除をしなかったエアコンの吸い込み口

 

上の写真は、私の自宅のお掃除機能付きエアコンの空気の吸い込み口です。ダストボックスをまったくお掃除していなかったので、このようにホコリがてんこ盛りになってしまいました。

こうなると、当然プレフィルター自体にもホコリがてんこ盛りに溜まっています。

自分の怠慢を棚に上げておいて何ですが、このように、空気の吸い込み口やプレフィルターがホコリでいっぱいになり、空気の吸い込みが悪くなると、エアコンの「効き」が悪くなるばかりか、エアコンに余計な電力がかかってしまい、電気代のムダにもつながってしまいます。

さらには、プレフィルターで取り切れないホコリはエアコンの中に侵入するので、内部で溜まってカビの繁殖に必要なエサにもなってしまいます。

それが下の写真です。

 

お掃除エアコン.2(ビフォー)

お掃除前

 

エアコンの風の吹き出し口には、見事なカビ。こうなると、内部にもカビが繁殖していることが容易に想像されます。

フィルターのホコリを取るタイプのお掃除機能付きエアコンでは、カビは取ってくれません。したがって、このようにカビだらけになってしまうと、プロのエアコンクリーニングを頼むほかないのです。

また、ダストボックスやプレフィルターをキレイにしていても、生えるときには生えるのがカビです。

やはり「エアコンのお掃除の負担が少しは減った」程度に思っていた方がよいと思います。

ちなみに、エアコンは室内の空気を吸って、冷やしたり暖めたりしてから、再びお部屋へ風を送ります。誤解されがちですが、エアコンの風は屋外の空気ではなく、お部屋の空気を循環して使っているのです。

したがって、エアコンは、内部に取り込まないように、プレフィルターでお部屋のホコリを取っているのです。

「熱交換器のホコリやカビ、臭いを洗い流す」タイプのお掃除機能付きエアコンでもお掃除が必要なわけ

疑問を持つ女性2

最近では、熱交換器の汚れやカビを取るお掃除機能付きエアコンが発売されています。

熱交換器とは、空気を冷やして冷気を作り出す部分ですが、結露しやすい上にホコリが溜まりやすいので、カビの温床になりやすい場所でした。

 

エアコン内部の熱交換器

 

例えば、日立の熱交換器自動お掃除エアコンは、熱交換器を凍らせてから一気に溶かし、ホコリやカビを洗い流す「凍結洗浄」がウリのエアコンです。

さらには、AIカメラによって人がお部屋にいないときを判断してお掃除するので、涼んでいる最中にお掃除をされるといったこともありません。

ただし、このタイプのエアコンでも、お掃除を任せきりにはできません。

エアコンの風の吹き出し口など、熱交換機以外の場所についたカビは、自動で落としてくれないからです。

いままでカビの温床になっていた熱交換器が、自動でお掃除されるのはすばらしい発明です。

しかし、機能が届かない部分にできたカビ(汚れ)は落とすことができません。

先ほどの「フィルターのホコリを取るタイプ」と同じく、お掃除がいらなくなるのではなく、お掃除をラクにしてくれるといった考え方をしておいた方がいいと思います。

ちなみに、先ほどもお話しましたが、エアコンの内部に生えたカビを取り切るには、やはりプロのエアコンクリーニングがおすすめです。

エアコンの内部のカビを取り切るには、エアコンを分解して隅々までキレイにするプロの技術は欠かせないからです。

プロのエアコンクリーニングは定期的にすることがおすすめ

エアコンの内部をシャワーで洗う

お掃除機能付きエアコンであっても「カビは生える!」、そして「自分で、またはプロのエアコンクリーニングでお掃除をしなければならない」ということがお分かりいただけたと思います。

そこで、普段からマメにプレフィルターのホコリを取り、さらには1年に1回は風の吹き出し口や、カバーを空けてエアコン内部にカビが生えていないかチェックするようにしましょう。

そして、カビが生えている場合は、迷わずプロにエアコンクリーニングをお願いします。

エアコンのカビは夏肺炎と言われる「夏型過敏性肺炎」やアトピーを引き起こす原因になったり、家族の健康に害を及ぼす危険があるので、早めのお掃除が大切です。

お掃除機能付きエアコンのクリーニング料金は高い

お財布

ちなみに、お掃除機能付きエアコンは、機能が付いてない普通のエアコンにくらべて、クリーニング料金が1.5~3倍ぐらい高くなります。

普通のエアコンにくらべて技術を要するというのが、おもな理由です。付加価値が高いお掃除機能付きエアコンは、その分、内部の構造が複雑なのだそうです。

普通のエアコンにせよ、お掃除機能付きエアコンにせよ、どちらにしてもプロのエアコンクリーニングが必要なのであれば、どちらのタイプを購入すればいいのか迷うところですね。

\ この記事を友だちにシェアする /

お掃除機能付きエアコンは自分でお掃除しなくてもいいの?

お掃除機能付きエアコンは自分でお掃除しなくてもいいの?

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい