家事レシピ

レンジフードのカンペキお掃除方法

レンジフードのカンペキお掃除方法

普段はなかなかお掃除ができない、キッチンのレンジフードや換気扇の油汚れ。溜まってしまった油汚れを落とすのは骨が折れますが、紹介する手順を参考にして大掃除にチャレンジしましょう。

<ご注意>
タイプ(機種)によってお掃除方法は異なります。お掃除の前には、必ずご利用のタイプの「取扱説明書」をお読みいただき、その内容に従って作業を行ってください(今回のお掃除方法は、数あるタイプのひとつとしてご参考ください)

準備するもの

  • 油汚れ落とし洗剤(スプレータイプ)
  • 中性洗剤(食器用洗剤でOK)
  • 大きめのゴミ袋(40リットル以上)…2枚
  • 布テープ
  • スポンジ
  • 古歯ブラシ
  • バケツ、もしくは桶(シロッコファンやフィルターが入るぐらいの段ボールでもOK)
  • タオル(またはぞうきん)
  • キッチンペーパー
  • 新聞紙
  • ゴム手袋(できれば厚手のもの)

手順

1

はじめに、フィルターなどをキッチンのシンクで洗う準備をします。シンクにキズをつけないように、ゴミ袋をハサミで大きく開いてシンク全体を覆います。

ゴミ袋で覆われたシンク

2

ゴミ袋の端に布テープを数か所貼って、ゴミ袋が動かないようにします。

ゴミ袋の端を布テープでとめる

3

ゴミ袋の排水口部分に穴をあけて、排水を流す部分を確保します。

穴をあけたビニール

4

洗剤が垂れても汚れないようにレンジフードの下(コンロ)に新聞を敷きます。

コンロの下に新聞紙を敷く

5

次に、「整流板」を開け、フィルター→シロッコファンの順で取り外します。ちなみに、シロッコファンとは調理時の煙を吸い込むファンのことです。

※ここからは、手を汚れとケガから守るためにゴム手袋を着用します

整流版

整流板は煙を効率的に吸い込むためのものです

フィルターを取りはずす

フィルターを取り外します

シロッコファン

今回ご紹介するタイプのシロッコファン

6

シロッコファンを取り外すには、はじめにファンの下にあるリング状のカバーを外します。

リング部分をはずす手

カバーを固定しているネジを外します

リングカバーを外す

ネジを外したらカバーを外します

7

シロッコファン中央にあるネジを回して、シロッコファンを外します。

ネジを回す手

少し固いので力を入れて回します

シロッコファンをはずす

ネジが外れたら、シロッコファンを外します

8

シロッコファンの油汚れを緩めます。まずは、バケツ(または、桶)の中に大きめのゴミ袋を入れ、40~50度のお湯を入れます。

バケツに40℃位のお湯を入れる

9

バケツにシロッコファンを入れます。あわせて、油で汚れているリング状のカバーやネジも入れます。
※ネジがなくならないように注意しましょう

バケツにシロッコファンを入れる

10

中性洗剤(食器用洗剤)を入れます。お湯5リットルに対して中性洗剤50mlを入れます。

シロッコファンの入ったバケツに中性洗剤を入れる

11

保温状態にするため、ゴミ袋の口をしっかり結んで閉じます。2~3時間ほどつけて油汚れを緩めます。

このとき、バケツに入れたまま口を閉じましょう。バケツから出してしまうと、ゴミ袋がひろがってシロッコファンがお湯に浸からない状態になってしまいます。

シロッコファンを浸ける

バケツの中に入れることで「お湯かさ」が増すので、しっかりシロッコファンが浸かります

段ボールにシロッコファンを入れる

バケツや桶以外に「段ボール」でも代用できます。詳しくはこの後の「ポイント」でご紹介します

12

次に、レンジフード外側のお掃除をします。整流板を元にもどし、油汚れ落とし洗剤を外側全体にスプレーします。整流板も忘れずにスプレーします。

レンジフード全体に油汚れ落としをスプレーする

13

洗剤が垂れないようにスプレーした上をキッチンペーパーで覆います。長い時間洗剤が汚れに密着して油汚れを落とします。これを湿布(しっぷ)法といいます。

レンジフードにキッチンペーパーが湿布してある

14

15分ほどおいてからキッチンペーパーをはがし、固く絞った濡れタオル(または、ぞうきん)で汚れを拭き取ります。

レンジフードの側面をタオルで拭く

15

汚れ落ちが悪い場合は、湿らせたスポンジでこすりながらタオルで拭き取ります。これで外側のお掃除は終わりです。

片手にタオルを持ちながらスポンジで汚れを落とす

スポンジでこする場合は、タオルをあてて洗剤が垂れないようにします

16

次に、内側のお掃除です。まずは、整流板を開けます。整流板は完全に取り外さずフックにつけたまま(ぶら下げたまま)でお掃除します。

整流版を開ける

 

ぶら下げられないタイプの場合は、シンクで油汚れを落とします。

シンクで整流版をお掃除する

洗剤をスプレーしてスポンジで汚れを落とし、最後にお湯で洗い流しましょう

17

整流板の内側、レンジフードの内側全体に油汚れ落とし洗剤をスプレーします。

整流版に洗剤をかける

18

洗剤が垂れないようスプレーした上をキッチンペーパーで覆います。

レンジフード内側にキッチンペーパーが湿布してある

19

15分ほどおいてからキッチンペーパーをはがし、固く絞った濡れタオルで汚れを拭き取ります。汚れ落ちが悪い場合は、スポンジで汚れを落とします。これで内側のお掃除は終わりです。

20

次に、フィルターのお掃除です。シンクにフィルターをおき、全体を油汚れ落とし洗剤でスプレーします。片面をスプレーしたら、もう片面にもスプレーし、15分ほどおきましょう。

フィルターに油汚れ落とし洗剤をスプレーする

21

15分ほどおいてからスポンジで汚れを落とします。最後に、お湯できれいに洗い流してから、水気をしっかりきります。

フィルターをスポンジで洗う

22

最後に、いよいよシロッコファンのお掃除です。

2~3時間して汚れが緩んでいるのを確認したら、バケツから取り出して、全体に油汚れ落とし洗剤をスプレーします。ハネの奥までしっかりスプレーしてから、さらに15分ほどおきます。

リング状のカバーやネジも同じようにスプレーします。

シロッコファン全体に油落としをスプレーする

23

15分ほどおいてから、スポンジと古歯ブラシを使って、羽の奥の方まで汚れを落とします。カバーやネジも同様に洗いましょう。

古歯ブラシで洗う

24

汚れを落としたらお湯で洗い流し、水気をしっかりきってからレンジフードに戻します。フィルターを戻して、整流板を閉じたらお掃除完了です。

シロッコファンをお湯で洗う

ポイント

1

シロッコファンを外すくらい大がかりなお掃除は、時間がかかるうえに手を切るなどのケガの心配もあります。自分でお掃除をする際は、必ずゴム手袋を着用しましょう。

ゴム手袋を着用する

2

レンジフードの内側は、広く油で汚れています。油汚れには、万べんなく洗剤をスプレーし、湿布法で汚れを緩めましょう。

湿布法がされたレンジフードの内側

シロッコファンが入っているケースの内側も油で汚れています

3

段ボールで浸けおきする場合は、次の方法で行いましょう。

<手順.1>
段ボールの下スミに、約3㎝四方の穴を開けます。

段ボールの端をカッターで穴を開ける

<手順.2>
段ボールにゴミ袋を入れて、穴からゴミ袋の端を少し引き出します。このとき、シンク内に穴が向くように段ボールを置きましょう。

段ボールからゴミ袋を出す

<手順.3>
段ボールにお湯を入れます。

段ボールにお湯を入れる

<手順.4>
シロッコファンやフィルター、リング状のカバーやネジを入れ、中性洗剤を入れます。その後、ゴミ袋の口をしばって2~3時間置きます。

段ボールにフィルターをいれる

<手順.5>
時間がきたら、ゴミ袋の端を切って汚水をシンクに流します。重いおもいをして汚水を捨てることがなくなりますね。ただし、シンクの外に飛び出さないように注意しましょう。

ゴミ袋を切って汚水を流す

はさみやカッターで穴を開けます

インフォメーションプラス

正直な話、プロにお掃除を頼むのもアリ

疲れている女性の写真

さて、ここまでレンジフードのお掃除方法を紹介してきました。

とはいえ、手順を見て「これは大変そうだな…」そう思った方もいるのではないでしょうか。実際のところ、かなり骨の折れる作業です。

お掃除方法は自信をもってお伝えしていますが、レンジフード・換気扇を本気できれいにするなら、正直な話、プロのクリーニングをおすすめしたいです。

というのも、家庭でのレンジフードお掃除にはリスクやデメリットも多いからです。

まず、フィルターやファンで作業者がケガする危険があります。さらに、油汚れを落とすときはどうしても力任せになりがちで、ゴシゴシとこすった結果、レンジフードやシンクにこすり傷をつけてしまうことも。

ステンレスのキズの写真

無数についたシンクの傷

何より、日常的にお掃除をしていないレンジフードには⾧時間経過した頑固な油汚れが蓄積していて、せっかく時間と手間をかけても家庭のお掃除アイテムではなかなか落としきれないことがあります。

プロのクリーニングでは業務用の洗剤や用具を使うため、さすがに家庭でのお掃除とは効果に差が出ます。そう考えると、キッチンの中では最もお掃除がしにくく、日常ではメンテナンスしきれないレンジフードこそ、ハウスクリーニングの頼みどころとも言えるかもしれません。

お掃除は私たちにご依頼ください

サニクリーンの社員

サニクリーンでも、お掃除のプロによる換気扇・レンジフードクリーニングを提供しています。

プロの技術と道具を使って換気扇・レンジフードを分解洗浄することで、ご家庭では落としきれない、内部に蓄積したベタベタの油汚れをしっかり除去します。

ベタつきを一掃することで、付着した油汚れで低下した換気効率を回復させて、お部屋に油のニオイが充満するのを防げます。年に1 度のメンテナンスとして、クリーニングをしてみてはいかがでしょうか。
サービスの流れやこだわりポイントは動画でも紹介しています。

インターネットまたはお電話での見積もりは無料です。

幅広いメーカーのレンジフードの清掃に対応していますので、是非お気軽に問合せください。

 

換気扇とレンジフードフィルターの「年末大掃除」バナー

コロナ対策も万全!サニクリーンの「換気扇・レンジフード」クリーニング紹介ページはこちら

 

※2017年10月10日初版
※2018年10月29日本文改訂
※2020年12月10日本文改訂

\ この記事を友だちにシェアする /

レンジフードのカンペキお掃除方法

レンジフードのカンペキお掃除方法

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい