家事のネタ帳

浴室カウンターの内側はカビだらけ

浴室カウンターの内側はカビだらけ

カビ取り剤の成分である「次亜塩素酸ナトリウム」に酸性洗剤(お酢やクエン酸なども含む)が混ざると塩素ガスが発生し大変危険です。洗剤の同時使用(および連続使用)は必ず避けてください。

カビの存在に気づかない

浴室イメージ

石けんやシャンプーをはじめ、モノを置くのに便利な浴室のカウンター。汚れが目立つ場所なので、キレイにお掃除される人も多いと思います。

しかし、カウンターの表面のお掃除はしても、カウンターの内側にある空間をお掃除する人は、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。そもそも、カウンターの内側に空間があることすら知らない人の方が多いと思います。

当然、この空間にカビが大繁殖するという事実にも、多くの人は気づいていません。

カウンターの内側の空間はカビだらけ

浴室カウンターの中

カウンター内に生えたカビ。パネル(下に置いたフタ)にもびっしり

ご自宅の浴室カウンターが「一枚板(もの)」の場合、たいてい「内側の空間」は存在しないので、カウンターの裏側にカビが生えた場合でも、「カビとり剤」をスプレーするだけで簡単に落とすことができます。

しかし、浴室カウンターの下(裏側)のパネル(フタ)が取り外せるタイプでは、内側の空間がほとんど存在するので、パネルを外してから内側に生えたカビを取り除かなければなりません。

とっても面倒なお掃除ですが、カビは人体に悪影響を及ぼすので、見過ごすことはできません。

そこで、10年近く一度も見たことがなかった、我が家の浴室カウンターの内側を確認してみることにしました。

すると、見事に、浴室カウンターの内側も、パネル(フタ)の裏側もカビだらけ。

浴室カウンターの内側の空間は、「空洞」になっていることが多いようですが、空気の流れがほとんどなく、湿っていることが多いので、こんなにもカビだらけになってしまいます。

3ヶ月に一度のお掃除を!

そこで、今回は、我が家の浴室カウンターを使って、お掃除方法をご紹介したいと思います。

浴室カウンター下のパネル(フタ)は、ネジで固定されているモノから、スライドさせて着脱するタイプなどさまざまです。

パネルの着脱方法はメーカーごとに異るので、お掃除をする前には必ず「取扱説明書」で確認しましょう。

ちなみに、我が家の場合、浴槽と浴室カウンターが直角に交わっていて、はじめに浴槽の「エプロン(フタ)」を外してから、浴室カウンターのパネルをスライドさせて外すタイプでした(「手順」参照)。

 

<用意するもの>
・カビ取り洗剤(スプレータイプ)
・キッチンペーパー
・古歯ブラシ
・ぞうきん

 

<手順.1>

浴槽側のふたをはずす

浴槽側のエプロン(フタ)を外します。

 

<手順.2>

カウンターのパネルをスライドさせる

浴室カウンターのパネルを、浴槽側ににスライドさせて外します。

 

<手順.3>

パネルにカビ取り剤をスプレーしている

外したパネルの裏に、カビ取り洗剤をスプレーします。

 

<手順.4>

カウンター内にカビ取り剤をスプレーする

浴室カウンター内側の空間に、カビ取り洗剤をスプレーします。

 

<手順.5>

パネルのなか全体にキッチンペーパーがしてある

湿布法

カビ取り洗剤をスプレーをした上をキッチンペーパーで覆います。10分ほどしたらキッチンペーパーを外してシャワーで流し落としましょう。このように、洗剤をキッチンペーパーで覆い、洗剤の「流れ落ち(垂れ)」と「乾燥」を防ぐと、長時間、洗剤をカビに密着させることができ、洗剤の効果を高めます。これを「湿布(しっぷ)法」といいます。

また、ネジまわりなどの細かい部分にカビが残ってしまう場合には、古歯ブラシでこすり落とします。

カウンターの中を歯ブラシで磨く

お掃除用に古歯ブラシをとっておきましょう

これでお掃除は終わりですが、パネルを閉じる前には、ぞうきんなどで丁寧に水分を拭き取って乾燥させます。

多少面倒なお掃除ですが、「3ヶ月に1回」のペースを心がけて、しっかりカビ退治をしましょう。

 

※2019年3月本文更新

\ この記事を友だちにシェアする /

浴室カウンターの内側はカビだらけ

浴室カウンターの内側はカビだらけ

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい