家事のネタ帳

エアコン清掃の注文方法.2「家に来て、清掃前にプロが確認すること」

エアコン清掃の注文方法.2「家に来て、清掃前にプロが確認すること」

前回は、エアコン清掃の注文方法「電話で注文するときのポイント」を、業者さんに電話をした私の体験をもとにご紹介しました。

 

【こちらもお読みください】
エアコン清掃の注文方法.1「電話で注文するポイント」

 

さて今回は、実際にスタッフさんに来てもらって、エアコン清掃をはじめる前に、スタッフさんとお客さんの双方で確認、承諾する内容についてご紹介します。

取り外したフィルターなどを洗う場所の確認

ベランダでフィルターなどを洗浄している

取り外した部品は希望の場所で洗ってもらえる

エアコン洗浄では「水」と、洗浄機械類で使う「電気」は、お客さんの家のものを使わざるを得ません。ハウスクリーニングといわれるものは、みんなそう。

これって、当たり前の話なんですが、「申し訳ございませんが、水と電源を使わせていただいてもよろしいですか?」といわれると、確かに使うよな~と、あらためて気づかされます。

まあ、半日もお掃除をしているわけではないし、ずっと水を使っているわけでもないので、まったく気になりません。

それよりも、「取り外したエアコンのカバーやフィルターを洗うので、お風呂場を貸してください」といわれた方が、ちょっと気になりました。

実際には、最後に浴室をキレイにして帰るので、気にする必要もないのですが、浴室が汚れてしまう気がしてイヤだったので、マンションのベランダでの作業をお願いしました。

浴室イメージ

マンションは、たいてい浴室で洗う

幸い、ベランダには靴を洗ったりする水道(シンク)があったので、問題はありませんでした。

「たいていの方は、ベランダで作業してもらいたいんじゃないかな?」と思い、スタッフさんに聞いてみると、浴室で作業しても気にならない方は多いとのことでした。

また、日中はベランダに洗濯物が干してあるとか、そもそもベランダにたくさんものが置いてあるとかの理由で、浴室での作業を希望される方も多いようです。ちなみに、一戸建ての場合は、屋外での作業が多くなるそうです。

いずれにせよ、水があって流せればどこでも作業できるので、希望の場所があったらしっかり伝えましょう。

作業時間の確認

時計

今回、私がお願いしたエアコンは2台。

1台は寝室のエアコン。もう1台は、リビングのエアコンで「お掃除機能」がついているもの。

前回の記事にも書きましたが、複雑な構造のお掃除機能つきエアコンの洗浄には、そこそこ時間がかかります。

そこで当日、実際に構造や汚れぐあいをチェックしもらって、最終的な作業時間を確認してもらうのですが、2台あわせても2~3時間あれば終わるとのことでした。

事前に、電話で作業時間は聞いていたのですが、実際に見てもらった結果、聞いていた清掃時間よりも短くなりました。

なぜ速くなったのか聞いてみると、以下が主な理由とのことでした。

 

  1. 一戸建てと違い、階段を使わずに移動できるので、作業道具の移動がスムーズ。
  2. 寝室のエアコンは、オーソドックスなタイプなので、30~40分あれば終わる。
  3. 作業するスタッフが、我が家と同じタイプの「お掃除機能つきエアコン」の洗浄を、何度も経験しているので作業が速い。
  4. エアコンの下に家具などがない(もしくは、あったとしても移動がラク)ので、洗浄作業がしやすい。

 

ちなみに「4」の作業スペースの話ですが、エアコンが天井や壁に近すぎると、カバーを外したり、分解したりするのに手間がかかり、それだけで相当に時間がかかることもあるそうです。

家の中にはいてくださいね

読書

「作業しているお部屋ではなくていいので、家の中にはいてくださいね」とのお願い。

確かに、作業中は家の中を移動したり、モノを動かしたりすることもあるので、万が一ものがなくなったり、壊れたりしたら大変なこと。

たとえ些細なことであっても、無用なトラブルを避けるためには、必ず家の中にいることは、お客さん側が守るべきルールなのです。

「ちょっと買い物にいってきます」は、相手を困らせるルール違反だということを覚えておきましょう。他の部屋で本でも読んで、ゆっくり待っていましょう。

とうことで、以上がエアコン清掃をはじめる前の確認、承諾内容でした。

ちなみに、電話で話をする際に、エアコンのメーカーや機種番号を伝えるのですが、これで発売から10年以上が経過していることが分かると、注文をお断りする場合があるそうです。

何でも、10年を過ぎると、たいていのメーカーでは部品の製造を中止し品薄になるので、万が一、洗浄中に壊れた場合、修理(回復)ができなくなることがあるから、というのが理由でした。

金属部分

10年過ぎると交換部品が品薄に

さて、それではいよいよエアコン清掃スタートです。

 

<あわせて読もう>
驚くほどキレイ!プロのエアコン清掃を体験(エアコン清掃の

\ この記事を友だちにシェアする /

エアコン清掃の注文方法.2「家に来て、清掃前にプロが確認すること」

エアコン清掃の注文方法.2「家に来て、清掃前にプロが確認すること」

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい