家事のネタ帳

花粉症じゃないのに、家でくしゃみや鼻水が止まらない理由

花粉症じゃないのに、家でくしゃみや鼻水が止まらない理由

一年中悩むくしゃみや鼻水の原因は?

鼻をかむOL

アレルギー性鼻炎は「季節性アレルギー性鼻炎」と「通年性アレルギー性鼻炎」に分類されます。

花粉症のように、その時期の花粉が原因でアレルギー症状を引き起こすものを「季節性アレルギー性鼻炎」、一年中くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こすものを「通年性アレルギー」といいます。

通年性アレルギー性鼻炎には、様々な原因がありますが、多くはダニを代表とする室内のハウスダストが原因といわれています。

しかし、ダニはあらゆるところに生息しているので、残念なことに家への侵入を阻むことも、完全に家から追い出すこともできません。

では、どうすればくしゃみや鼻水などのアレルギー症状から解放されるのでしょうか?

それには、ダニと上手に付き合うことが大切です。ダニと上手に付き合って、アレルギー症状を軽くすることを心がけます。

そして、私は絶対花粉症ではないという人、または花粉が舞う時期にくしゃみや鼻水があらわれ、シーズンが終わっても症状が治まらない人は、風邪はもちろん、ダニアレルギー検査も受診してみてはいかがでしょうか?

ダニアレルギーが起こる仕組み

くしゃみをする子ども

くしゃみや鼻水などが代表的な症状のダニアレルギー。ときには、アトピーの原因になることもあります。

くしゃみなどのアレルギー症状は、ダニを吸い込むことで発症しますが、生きているダニよりは、「死がい」や「フン」、そして「脱皮した皮」がおもな原因になります。

ダニが死ぬと、死がいは乾燥します。フンや皮も同様に、時間が経つと乾燥し、その上を人が踏んだり、掃除機を強くかけたりすると、乾燥した死がいは粉々になります。

この粉々になったものが、掃除機などで取り除かれないでいると、人の動きや空調などの空気の流れに乗って、ダニの死がいは部屋中に舞い上がります。舞っているものは、吸い込みやすいので、容易に体内に取り入れてしまうことになります。

これにより、ダニアレルギーを発症するリスクがぐんっと増すのです。

ダニを殺すよりも簡単なダニ対策

布団の間に仕掛けられたダニコレクター

このように、ダニによるアレルギーの対策では、こまめにお掃除をして、ダニの死がいなどを取り除くことが大切です。

また、同時に、死がいなどの元となる「生きているダニ」を家から減らすことも大切です。

でも、ダニを殺して減らす方法は、あまりおすすめしません。

なぜなら、ダニを殺した後に死がいを取り除かないと、アレルギー対策にはならないからです。

例えば、何らかの方法でふとんのダニを殺したとしましょう。

でも、ふとんの内部(綿など)も含めて「死がい」をしっかり取り除かないと、そのうち死がいは乾燥して粉々になり、吸い込むリスクを高めてしまいます。

ふとんやカーペットなどのようなところから、死がいを取り除くのは結構大変なことなので、ダニ取りシートで捕獲して、家から出ていってもらう方がとってもラクです。

押入れやふとんなどのダニが好む場所にダニ取りシートを仕掛けて、ダニの数を減らしていきましょう。

 

<関連記事>
赤ちゃんが寝ているふとんのダニの数をかぞえてみた

あまりお掃除をしない和室(畳)のダニの数をかぞえてみた

家と外を行き来する猫がいる家のダニの数をかぞえてみた

 

※2019年3月13日本文改訂

\ この記事を友だちにシェアする /

花粉症じゃないのに、家でくしゃみや鼻水が止まらない理由

花粉症じゃないのに、家でくしゃみや鼻水が止まらない理由

この記事を書いたライター

この家事のカテゴリー

この家事に関連するタグ

あわせて読みたい